「最新の地震予想地図を公表 関西は今後も高い確率」という記事を読んで

今後、地震が起きる確率はどれくらいあるのでしょうか。

最新の予測地図が公表されました。

震度6弱以上の揺れは、関西でも高い確率です。

政府の地震調査委員会は、全国各地で今後30年以内に

震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した、

最新版の予測地図を公表しました。

という書き出しで始まる記事です。

あのう、まだ、南海トラフ地震は起こっていないんですがね。

南海トラフも今後20年から30年の間に起こるとされていますから

地震発生の確率が高いというのは

当たり前と言えば当たり前のことだと

思ってはいけないんでしょうかね?

今回の大阪北部地震に関して言わせてもらえば

上町断層帯地震が起こる可能性が高くなっているってことが

分かったということで

今回の地震と連動しそうだってことでしょうか?

とはいえ、ここ3日ほど体に感じる地震は起こっていないことや

余震の回数の現象からも今回の揺れはここまでな気がします。

それが本震でなく前震だとしても次が来るのには

まだ時間があるように思えるんですが

そのあたりはどうなのでしょうかね?

地震学者さんの間でも意見は分かれているようですが

いままでの大阪の地震の傾向からすれば一応の終息とみても

いいのではないんでしょうかね?

次がいつ来てもおかしくはないので

対策をしていかないといけないというのはわかるのですが

あまりにあおりが多い気がします。

熊本での地震があるので言い切れないところがあるのでしょうけれど

余震の発生の仕方が熊本の時とは違うし

大阪でそういった連続した大きな地震があったというのも聞かないし

過去の振り返ってもそういった地震の記録もなかった気がするので

心配はないかとおもうのですがどうなのでしょうかね?

まぁ、大丈夫という断言はできないんでしょうけれど

一時的にも安心感が欲しかったかもしれないと

思ってしまうのでした。

それと同時にこれからは個人の判断が先行していくのだなと

いうことが分かった地震でもあったかもしれないと思います。

揺れていても安全を確保しながら片付けしなくちゃいけないし

ごみの処理も自治体のものを利用はできるけれど

持ち込みをする人たちも多いってことだし

家の倒壊の診断も申し込んでも2か月待ちだし

仮設住宅に関しても入居にはそのくらいかかるって話なので

自分たちで判断できるところは

自分たちでやっていかないといけないってことで

かなり大変かもと思ってしまうのでした。

そのことも頭に入れながら次への備えを始めようかと

思っているのでした。

この記事を読んでこんな風に思ったのでした。

☆☆☆ CM ☆☆☆ CM ☆☆☆ CM ☆☆☆ 

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?