第18回八景島あじさい祭りその2

こちらは、鮮やかな、青い、ガクアジサイです。

ルートの途中には、スタンプラリーのスタンドがありますが、私は集めていないので、全てスルーです。

こちらは、アジサイの花に止まる、セセリチョウの仲間の、キマダラセセリです。

斑点が並んだ、イチモンジセセリは、良く見掛けますが、キマダラセセリは、初見初撮りです。

こちらは、シークレットガーデンに咲いている、アメリアジサイの、ピンクアナベルです。

アナベルと言えば、白い、大きな房を連想しますが、このような、ピンクもあるようです。

汽笛の音を響かせながら、再び、あじさいトレインが現れました。

ここでは、で、にピントを合わせ、手前の、ガクアジサイを前ボケにして、遠近感を表現します。

やがて、シークレットガーデンの坂道を登って来たので、ここでも、で、道端のアジサイを前ボケにして、にピントを入れながら、撮影します。

これでは、アジサイの撮影と言うよりも、撮り鉄ちゃんになっています。やっぱ、は、いいよね〜

丘の広場、ブルーパラダイスの近くに咲く、八重咲きの、ガクアジサイには、水滴が残っています。

この日は、朝の内は、雨でしたが、今は、すっかり止んでおり、ここは、植木の影なので風がなく、水滴が落ちなかったのでしょう。

ピンクの装飾花から、今にも落ちそうな水滴を見付け、姿勢を低くして、ローアングルで撮影します。

こちらの写真は、トリミングをして、今回の、ヘッダー写真に使用しています。

こちらの、紫色の八重咲きの装飾花にも、水滴が沢山残っています。

こちらの、大きな水滴も、かろうじて落ちずに、頑張っています。

これで、コースの半分ぐらいを歩いて来ましたが、まだまだ、アジサイの撮影は続きます。

なにしろ、2万株もあるのですから、幾ら撮っても、終わりません。